読書百遍

 

或る時私は先生より、
「あなたは和漢三才図会をよんだことがありますか。」
と聞かれ、
何気なく「読みました」と答えた処、非常に叱られた。
その際先生はこう云つた。
「今の人間は本の数さえ沢山よめばそれでよいと思つているが、
それでは本当のことはわからん。
三才図会のようなよい本になると、
一通りや二通り読んだゞけでは駄目です。百ぺんでも二百ぺんでも読んで、
生きた人間にあてはめて見て、
わからん処のなくなるまで読まねばなりません。
あなた方の読んだというのは、それは本当に読んだのではない。
ただ眼で見たゞけに過ぎない。」

 

むかしのひとは、こうやって本を読んだのでしょう。
代田文誌著『沢田流聞書 鍼灸眞髄』(医道の日本社、1941年)にでてくることば。
先生とは、
昭和の鍼灸名人・澤田健。

 

・おほなゐを録すばせをや蚶満寺  野衾

 

三才の治療法

 

きのうの日曜日、弊社事務所にて、
朝岡鍼灸院院長の朝岡和俊さんとわたしとで対談を行いました。
「知識と経験と勘――鍼灸の世界」
当初考えていた題は
「言葉と言葉以前――鍼灸の世界」
でしたが、
数週間前わたしが療治してもらっている途中、
朝岡院長の発したことばが
鍼灸の世界をはっきり言い当てている気がしたので、
変更させていただきました。
対談がはじまる前、
0.9ミリの鍼がついているシールを
肩の凝る社員が貼ってもらったところ、
あ~ら不思議、
痛みが取れていることに三人とも驚いている様子。
鍼灸は、
天・地・人の三才のなかで生かされていることを感じさせてくれる、
全体性の治療法で、
のびのび大らかな世界です。

 

・ひぐらしや子らと物の怪遊びをり  野衾

 

パソコン顚末

 

自宅のパソコンがインターネットと接続できなくなった
かと思いきや、
まるで機械に遊ばれてでもいるように、
いつの間にか直っていた
かと思いきや、
家人が訪問キャンセルのためNTTに連絡したところ、
やはり不具合は生じていたらしく、
同じマンションのほかのひとからも知らせがあり、
共用の設備を修理したとのこと。
はあ、
なるほど。
ということは、
やはり不具合には原因があって、
必要な対応も然るべくあったということになります。
機械音痴のわたしも納得した次第。

 

・盂蘭盆会鳥海山は雲に入る  野衾

 

ふざけ機械

 

自宅のパソコンがインターネットと接続できなくなり、
こまり果て、
家人がNTTに連絡し、
かかりのひとが来てくれることになりました
ので、
いったんそのことを忘れて帰宅するや、
家人が
「パソコン見てみて」
と言いますから、
ひょいととなりの部屋を覗くと、
あ~らら、
ふつうにつながっているではありませんか!
「あなたが直したの?」
「いや。ひょっとしたらと思って立ち上げたら直っていた」
へ~。
分からないもんだ。
でもよかった。
まったく人騒がせなふざけ機械だよ。

 

・三河湾旭日とともに秋に入る  野衾

 

不具合

自宅のパソコンがとつぜん
インターネットとの接続ができなくなりました。
だけでなく固定電話もダメ。
たのみの綱はスマホのみ。
機械音痴のわたしではらちが明かず、
家人がいろいろ調べ
しかるべき部署(?)へ連絡、
金曜日にNTTのかたが来てくれることになりました。
さてどうなることやら。

晩夏

 

日中歩いていると
蟬がしきりに鳴いていて、
いよいよ夏の終りと感じますが、
仕事を終えて保土ヶ谷駅から自宅へ向かう道々、
相変らず蟬は鳴いているとはいうものの、
同時に、
蟬ではない、
秋の虫の声が聴こえてきます。
蟬の声と秋の虫の声が入れ替わるちょうど境の日だったのでしょう。
数年前、
佐々木幹郎さんの山小屋を訪ねたとき、
道々クルマを運転しながら、
幹郎さん、
ほんとうに紅葉がきれいなのは一日だけ
という話をされ、
一日だけですか? と
きき返したことを覚えています。
きのう、
蟬の声と虫の声が同時に聴こえてくるときに遭遇し、
一日ともいえない時のめぐりに感じ入り、
シジンのことばを思い出しました。

 

・緑蔭や閑(しずか)の水に釣りの糸  野衾

 

抑止力

 

家人の姪がカナダに留学する前に食事会をしよう
ということになり、
義母が場所をセットしてくれました。
愛知県蒲郡市にある三谷温泉松風園(みやおんせんしょうふうえん)
三河湾の絶景がすばらしい
ステキな宿でした。
家人は前もって実家に帰り、
義母といっしょに模造紙に激励の言葉を書いたり、
姪が生まれたときから子ども時代の写真をアルバムにし、
宿での夕食の後、
サプライズの時間が設けられました。
姪は、
部屋の壁に貼られたきらきら光る模造紙を見、
写真のアルバムを手にして、
涙を抑えられずに顔を紅潮させていました。
こちらも思わずもらい泣き。
さびしいとき、
また、
なにかあったときの抑止力になれば
との義母の深い思いに感動。

 

・秋の香を見つけてうれし三河湾  野衾