稲刈り終了

 

秋田の父から電話があり、ことしの稲刈りが無事終了したとのこと。
例年に比べ、作はあまりよくないらしい。
青米が交っている。
夏の日照りがつづいたことで、
田んぼの土が乾きすぎ、
稲の実りが十分でなかったのだ。
その分、コンバインが泥濘に埋まることなく、作業は順調にすすんだ。
とはいえ、
父はこの八月で91歳、
近くに住んでいる叔父の協力がなければ、
とてもつづけることができない。
この齢で米を作っているのは、村では自分一人だと父は自嘲気味に言う。
稲刈りの最終日には、オロナミンCを五本飲んだという。
オロナミンCが父にとっての魔法の水。

 

・タクシーを待つ間ぼんやり秋の空  野衾

 

お茶目なキーンさん

 

…………、私個人の一つの経験を話しましょう。初めて留学したのは京都で、
初めのころは、よくお茶の会に引っ張られて行きました。
会が始まる前にいろいろ茶碗を見せられて、
どちらがお好きかと聞かれることがよくありました。
私はだんだん尊敬される方法を覚えました。
つまりそこにある茶碗を見て、
一番私の気にいらないものを選んで、「これがいい」と言うと
「よく外国人が、このよさを理解できましたね」
とみなが驚くのです。
たとえば青磁のすばらしい茶碗と非常に美しい形の中国のものと
古い沓くつのような形のものがあるとすると、
私はその古い沓がいいと言う。
みなびっくりして、
「外国人にそんなにいい趣味があるとは知らなかった」
と言います。
つまり、
青磁とかそれに似たものは中国人が喜ぶものですが、
日本人はもっと変わった、
いびつな形のでなければ、面白くありません。
個性がなければ面白くない。
それは奇数と関係があるのではないかと思います。
(『ドナルド・キーン著作集 第一巻 日本の文学』新潮社、2011年、pp.394-5)

 

NHKの番組『COOL JAPAN~発掘!かっこいいニッポン~』
をたまに見て、
出演されている外国人の方の意見に、
「へ~。なるほどね~」
と新鮮な驚きをおぼえることがありますが、
ドナルド・キーンさんのものを読むと、
おもに文学に関わることではありますが、
「へ~。なるほどね~」
と、
目から鱗が落ちる思いをすることが少なくありません。
引用した箇所もその一つで、
こういう肩の凝らない記述から、日本語の特徴である五音、七音について、
日本の建築物の特徴に及んでいく流れは、
ゆったりと自然なものがあって、
えも言われぬ読書の楽しみを味わえます。

 

・ちろちろと和らぐ朝や虫の声  野衾

 

ニーチェ50年

 

哲学者の小野寺功先生と、このごろたびたび電話で話するようになり、
わたしも話しますが、
先生の話を伺う時間のほうが多くあり、
それがなんとも味わい深く、
ついつい聴き入ってしまいます。
たとえば、
ハイデガーでもニーチェでも、先生独特の見方があり、
それがとても新鮮なのです。
電話が終った後、ひとりになって、
ふと、
ニーチェか…。
さて、
とことんとんとん。
廊下の横の引き戸を開けると、たしかこの辺に。
あった。ありました。
高校時代に買って、途中まで読んで挫折した『世界の大思想 4 ニーチェ』
(河出書房新社、1973年)
この本には
「こうツァラツストラは語った」「この人を見よ」
が入っています。
高橋健二・秋山英夫訳。
この三連休、
ほぼ五十年前に買い、
九度の引っ越しでも捨てずに持ち運んだ本をついに読みました。
こんどは読了するでしょう。
「こうツァラツストラは語った」には、
高校生のわたしが引いた鉛筆の跡が残っていて、
重要だと思っただろう単語を丸で囲んだり、文に傍線を付したりしています。
なんらかきっかけはあったのでしょうけれど、
ほとんど予備知識がないのに、
どうしてこの本を買って読もうとしたのか、
いまはもう思い出すことができません。
ただ、
鉛筆でしるしを付けた箇所から、
なにか、
これから生きていくための指針を必死に求めていた
ことだけは想像できます。
小野寺先生のおかげで、
じぶんの少年時代の、
ある精神が救われたような気がします。

 

・葛の葉の裏を見せずの光かな  野衾

 

余談ながら

 

余談ながら、数学者のなかには閑人があって、
その数字を小数点以下七百七桁まで計算したものがいたものであった(一八七三年)。
ところが、
一九四六年に至り、
この計算は五百二十八桁目で間違っていることが判明してしまった。
こんにちでは、
コンピュータによって、
πの数値は十万桁まで知られているが、
これを計算するためには、
コンピュータを使用すること八時間四十三分を要した、
と伝えられている。
コンピュータを使えば、
十万桁はおろか、それからいくら先の数字でも算出できるはずではあるが、
たとえば、
千兆目の数字が何であるかは、
いまのところ、神様だけが知っているのである。
(吉田洋一『零の発見』岩波文庫、1956年第22刷改版、pp.64-5)

 

『絶対無と神』の著者・小野寺功先生のお話を伺っていると、
ゼロの発見がインドでなされたことが、たびたび先生の口に上るので、
本棚にあった岩波文庫を取り出し、読み返してみたところ、
著者の吉田洋一さんは、
インドの哲学思想とゼロの発見を結びつけて考えることに、
必ずしも賛成していない、
むしろ批判的なニュアンスで書かれていることが分かりました。
ところが、
それをきっかけに、
ネットであれこれ検索しているうちに、
サンスクリット語の言語構造と
ゼロの発見が結びつく、
さらに、
それが「場所」と大きくかかわっていることを示す本があることを知り、
さっそく注文。
届いたらすぐに読んで、
小野寺先生に伝えようと思います。
ところで、
『零の発見』を読んでいたら、
円周率に関する面白いエピソードが記されていました。
気になりましたので、
このごろは、
どこまで進んでいるかと調べてみましたら、
昨年の夏にギネス記録が更新された
とのことで、
その桁数は、
62兆8318億5307万1796桁。
ということは、
円周率の千兆目の数字は、現代においても、
「神様だけが知っている」ということになります。

 

・台風の空や刻々海の色  野衾

 

「神は無である」について

 

神は如何なる形において存在するか、
一方より見れば神はニコラウス・クザヌスなどのいった様に凡すべての否定である、
これといって肯定すべき者即ち捕捉すべき者は神でない、
もしこれといって捕捉すべき者ならば已すでに有限であって、
宇宙を統一する無限の作用をなすことはできないのである(De docta ignorantia,Cap.24)。
この点より見て神は全く無である。
しからば神は単に無であるかというに決してそうではない。
実在成立の根柢には歴々として動かすべからざる統一の作用が働いて居る。
実在は実にこれに由って成立するのである。
例えば三角形の凡ての角の和は二直角であるというの理はどこにあるのであるか、
我々は理其者を見ることも聞くこともできない、
しかもここに厳然として動かすべからざる理が存在するではないか。
また一幅の名画に対するとせよ、
我々はその全体において神韻縹渺しんいんひょうびょうとして
霊気人ひとを襲う者あるを見る、
しかもその中の一物一景について
その然しかる所以ゆえんの者を見出さんとしても
とうていこれを求むることはできない。
神はこれらの意味における宇宙の統一者である、
実在の根本である、
ただその能く無なるが故に、
有らざる所なく働かざる所がないのである。
(西田幾多郎『善の研究』ワイド版岩波文庫、2012年改版、pp132-3)

 

ドイツの神秘思想家であるニコラウス・クザーヌス(1401-64)の言説を踏まえながら、
西田は持論を展開していますが、
注解によれば、
クザーヌスの「反対の一致」をめぐって、
1919年に講演を行った、とのこと。
また、
クザーヌスには「神は肯定的な表現では捉えられない」
という思想がある、
とのことで、
西田のことを含め、西田とクザーヌスの関連について、
さっそく『絶対無と神』『随想 西田哲学から聖霊神学へ』の著者・小野寺功先生に連絡
(このごろよく電話をし、教えを乞うています)し、
教えていただきました。
ひとつ思い出したことがあります。
演出家の竹内敏晴のキーワードに「からだ」
がありますが、
教育哲学者の林竹二は、
竹内さんと付き合うようになって、
かなり時間がたってから、
「竹内さんの「からだ」はラテン語の「アニマ」に近いものがありますね」
と言ったというエピソードを、
竹内さんがどこかに書いていたはずですが、
小野寺先生の用語も、
先生の著書を何度も読んだり、
いろいろな話を伺いながら、
その用語にどんな意味をもたせ、どうイメージしておられるのか、
味わいながら、よく吟味し、輪郭を確かめていくのが、
遠回りのようであっても、
まちがいは少ない気がします。

 

・新涼の叢を立つ雀五羽  野衾

 

古典の素養

 

先だって、名のみ知っていて、読んでいなかった新渡戸稲造の『武士道』を読んだとき、
新渡戸が東西の古典をいかに読み込み自家薬籠中の物としていたか
を改めて知るに及び、
文章の迫力が、
そこからじわりと伝わって来るようでありました。
幕末から明治、大正にかけて生きた人の古典の素養には舌を巻きます。
『新井奥邃著作集』を編集しながら、
奥邃の文章の迫力の半分はそこにある
と感じていたので、
『武士道』の迫力も、
内容もさることながら、
古典に裏打ちされ練り上げられた文章の迫力が大いに与っている
と思われました。
さらに確かめるために、
というわけではありませんが、
いま西田幾多郎の『善の研究』を読み返しているところ。
と、
やはりなぁ、
とつくづく感じます。
仏教の古典はもとより、
中国古典である四書五経の言葉がこんなに鏤められていたかと驚きます。
引用という形をとっていないので、
気づきにくいということはありますが、
研究者の注解によってそのことを教えらえると、
あらためて、
引用と地の文が混然一体となり独特の味を形成している
ことが自ずと感得できます。
昭和十一年十月と記された
「版を新にするに当って」
の文章の末尾に、
西行の歌を踏まえた表現がさり気なく、
控え目になされており、
純粋経験、実在、善、宗教、
にかかわる地平が一気に広がるのを覚えます。

 

・新涼やカーテンの影ひるがへる  野衾

 

声としてのことば

 

人間は、いついかなるときも言語と手を切ることができない。
そしてその言語は、基本的にはどのような場合でも、話し聞く言語であり、
音の世界に属している。
………………………………
これまでに、
人間の歴史のなかで人の口にのぼったことのある何千という
――ひょっとして何万かもしれないが――
言語すべてのうちで、
文学をうみだすほど書くことに憂き身をやつした言語は、わずか百六にすぎない
ほどである。
したがって大半の言語は、
書かれることなど一切なかったことになる。
今日実際に話されているおよそ三千の言語のうち、
文学をもっている言語はたったの七十八である。
いったいいくつの言語が、書かれるようになるまえに、消滅したり、
変質して他言語になったりしたか、
いまのところ数えようがない。
活発に用いられていながら全然書かれることのない言語が、
現在でも何百とある。
これらの言語においては、
これという決め手になるような書きかたをだれも考案せずにきたからである。
言語は基本的には声に依存するものだということは、
いつの時代にも変わらない。
(ウォルター・ジャクソン・オング[著]桜井直文・林正寛・糟谷啓介[訳]
『声の文化と文字の文化』藤原書店、1991年、pp.23-4)

 

この本、目から鱗が落ちるような内容が多く、
おもしろく読んでいますが、
とくに蒙が啓かれる気がしたのは、
さいしょから文字によって書かれた文学と、
はじめは朗誦されていて、
のちにそれが文字で書き留められるようになった文学(『イーリアス』など)
では、
どこがどのように異なっているか、
その考察がとても分かりやすく、
納得します。
著者のオングは、
古典学、英語学の教授ではありますが、
もともとイエズス会士であることからしても、
言説の核に、
聖書の、
とりわけ「ヨハネによる福音書」の言語観が色濃くでているように感じられる
のも宜なるかなと思います。

 

・本を置く外は夕刻秋の風  野衾