………………………………………………………………………………

酒を止めたら

 

・黄葉(もみぢ)して白帽の子ら空の下

痛風発作をきっかけに
しばらくアルコール類を控えていましたら、
肉や魚など、
いわゆる酒の肴が
あまり欲しくなくなり、
牛乳、豆乳、果物類が美味しく感じられるようになりました。
桜木町駅では遠藤の青汁だし。
いたって植物系男子。
いや、
植物系中高年。
痛風発作の激痛に恐れをなした
ということもありますが、
それにしても、
これだけ止めていられるのですから、
もともと
そんなに酒が好きなわけではなかった
のかもしれません。
そんなに我慢しているわけでもないので。
なんて。

・高速道空より来たる枯葉かな  野衾

………………………………………………………………………………

きょうより十二月

 

・柿紅葉絵筆取りたき日を過ごし

俳句をやっていると、
いろいろ効用がありまして。
歩くスピードが
前より遅くなりました。
きょろきょろ周りを見て歩くからです。
しばし立ち止まったりもします。
さて、
きょうから十二月。
師走。
むかしの人はうまいこと言います。
ふつうのひとが走るんじゃ
さほど面白くない。
ふだんは憮然、泰然、堂々としている先生まで
尻っぱしょりして走る
ってんですから、
面白いじゃありませんか。
目に浮かびます。
こないだ年賀状を書いたと思ったら、
もう目の前。
師も走るけど我も走る、
我走てか。

・牛乳を沸かして飲みたき冬の朝  野衾

………………………………………………………………………………

中高年

 

・風邪なれば甘え桃缶所望せり

知人から連絡があり、
第二子がめでたく産まれたとのこと、
わたしと同じ誕生月。
わたしも早朝でした。
覚えてはいませんが、
母がそう言っていました。
あれから59年、
長かったような短かったような、
今ではすっかり中高年の仲間入りです。
例にたがわず、
古い友だちに会えば話題はもっぱら健康について。
とりたてて口にしなくても、
みなそれぞれ、
年相応にガタがきているようです。
きのうテレビをつけたら、
志村けんの番組に
加藤茶がめずらしくでていました。
さすがの掛け合いで、
茶さん嬉しそう、
でも、
昔の元気は望むべくもなく、
見ていてちょっとつらかった。
少年は老いやすいなぁ。

・柿とろり唇に着く甘さかな  野衾

………………………………………………………………………………

寝るのが一番!

 

・冬の朝ここまで汽笛ふたつみつ

肩こり、首こり、頭痛、めまい、吐き気、
でフラフラしましたが、
一日横になり
ひたすら眠っていましたら、
気持ちの悪い痛みやふらつきは収まりました。
ノドの痛みから始まる
いつもの風邪の症状とちがいましたが、
これも別種の風邪なのでしょう。
よく言われることですが、
風邪だと思ったら、
まず寝て休むのが一番のようです。
年も押し詰まってきて
疲れのたまる季節、
みなさまどうぞお体お大事に!

・雨ざらし冬枯れ黒き駐車場  野衾

………………………………………………………………………………

マスカット

 

・黄葉(もみじ)していよよ凄(すさ)まじ空の青

風邪なのかなんなのか、
たぶん風邪だと思いますが、
体調がすぐれず、
たのしみにしていた新作オペラも聴きに行けず、
一日横になっておりました。
食欲もなく、
何も食べたくなかったのですが、
駅近くのスーパーで売っていたマスカットが目に浮かび、
家人に頼んで買ってきてもらい、
晩ごはんはマスカット。

・冬の朝ながく尾をひく汽笛かな  野衾

………………………………………………………………………………

三浦衛(みうら・まもる) 春風社代表にして自慢大王&悪ノリ大王。体調のいいときは自らを天才と称し、不調の折はちりあくたにも劣るヤツとしょんぼり。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
過去の日記
最近のコメント
三浦衛の本


『カメレオン』
 三人ときどき声にならぬ声を洩らし/とろけ とろけ 唾までとばし/クヂるとナメるとネヂるとチョす…(「鳶」) 自在に色を変え、不意に突き刺さる、軽妙なことばの戯れ。秋田方言満載の詩集。本文は金属活字による活版印刷。


『マハーヴァギナまたは巫山の夢』
 三平佐世夫は、千一夜の夢うつつで女と戯れ、印度に旅し、睾丸を抜かれ、鰐を飼い、横浜を彷徨う。言語の崖っぷちを綱渡りする、めくるめく冒険。本文活版印刷に美麗造本を施した平成の大奇書。


『父のふるさと』
 父の目に映じた故郷の風土、ひと、くらし、農事を、愛惜をこめ描きだす。本文は金属活字による活版印刷。「身と蓋函」に納める。


『出版は風まかせ』
 横浜の出版社「春風社」社長が本づくりと会社経営にまつわるエピソードを豊富におりまぜ、創業から10年を振り返る。