忠犬のこと

 

『和漢三才図会』のただいま読んでいる巻をふくめ、
このあとも、
しばらく全国の神社仏閣について、くわしすぎるぐらいの記述がつづく
ことになっていて、
ふ~、
江戸時代における百科事典とよばれるのも宜なるかな、
でありますが、
ときどき、
その社にまつわる由緒、来歴などが記されており、
それが、日本昔ばなし的でもありまして、
眠けが一気に吹き飛ばされます。

 

犬頭けんず社 上和田森崎(岡崎市上和田町)にある。
社領四十三石
犬尾けんび社は下和田(岡崎市下和田町)にある。
天正年中(一五七三~九二)、
領主の宇津左(衛)門五郎忠茂が、あるとき山に猟に行った。
彼の家には白犬がいて彼に従って走りついてきていた。
一樹の下に来たとき、
忠茂は俄にわかに眠けを催した。
犬は傍にいて彼の衣の裾すそを咬くわえて引いたので目が覚めたが、
また眠った。
犬が頻しきりに枕頭で吠える。
忠茂は熟睡を妨げられて怒り、
腰の刀を抜くと犬の頸くびを切った。
頸は樹の梢に飛んで大蛇の頸にくいついた。
主はこれを見て驚き、蛇を切り裂いて家に還かえった。
そして犬の忠情に感じて頭・尾を両和田村に埋めて祠を立てて祭った。
家康公はこれを聞いて大へん感嘆し、
かつ
この祠が往々霊験のあることによって采地りょうちを賜わった。
ちなみに宇津氏は、
大久保一族の先祖である。
(寺島良安[著]島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳[訳注]
『和漢三才図会 11』平凡社東洋文庫494、1988年、pp.57-58)

 

・春寒し駅へと急ぐ傘の列  野衾

 

蓮生さんのこと

 

ながくつづく本が好きなので、
平凡社の東洋文庫に入っている『和漢三才図会』を少しずつ読んでいます。
『失われた時を求めて』でも『アラビアンナイト』でも、
現実の時間と並行してながれるもうひとつの時間に揺蕩う体験が、
わたしの精神のバランスを保ってくれている
ように感じます。

 

蓮生れんしょう寺 志太郡藤枝(藤枝市本町)にある。
〔東派(東本願寺派)〕
熊谷くまがい蓮生房(直実)が関東に下向したとき、ここで糧かてが尽きた。
そこで一富家に入って一貫文の借銭を乞うた。
主が、
「あなたは誰か。質物はあるのかどうか」
と聞いた。
蓮生房はこれが質物である、といって念仏十遍を唱えた。
主人はその誠に感じて銭一貫文を与えた。
のちに蓮生房が来て借銭を返し謝礼して、前の質物を返してくれるよう乞うた。
家主はどうしていいのかすべを知らなかった。
蓮生は、
「何もむずかしいことはありません。あなたも念仏十遍を唱えればいいのです」
といった。
そこで主人はそのとおりにし、
あつく蓮生房を饗応きょうおうし、
つくづく一向専修の法意を聞いて夫婦とも剃てい髪し、
庵を結んで蟄居ちっきょした。
そこが後に寺となり、
いま本願寺の管轄の下にある。
(寺島良安[著]島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳[訳注]
『和漢三才図会 11』平凡社東洋文庫494、1988年、pp.23-24)

 

・春寒しぽつと灯りの点りたる  野衾

 

イネ(稲)のこと

 

齢九十二になる父の米づくりが始まりました。
数年前より、ことしが最後かな、来年は無理じゃないかな、と口にしていたところ、
近くに住む叔父の細やかなアシストによって、
なんとか米をつくってきました。
が、
いよいよ、ことしで終りにしようと、すっきり意気込んでいます。
さて、わたしのこのごろの関心は、
イネ科のイネ、
イネはどうしてイネと呼ぶの?
ということでありまして。
イネはもちろんイネ科ですが、麦もイネ科、葦もイネ科、
葦は『古事記』に宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジノカミ)
の阿斯訶備(=葦の芽)として、
その名をとどめ、
また葦は、
「旧約聖書」に二十数か所も記載がありますから、
葦原の風景は、日本固有のものでなく、広く世界に分布している
もののようであります。
鈴木重雄さんの『幽顯哲学』を面白く読みましたが、
日本は動詞の国であるという記述があり、
目を開かされました。
そのヒントを得、
つらつら慮るに、
イネは「過ぎ去る、時が経過する」意の
イヌ(往ぬ、去ぬ)
ではないかとの想像が俄かにもたげてきました。
空、山、雪、土、種、苗、雨、稲、稲穂を見る父の隻眼を思い、
農民たちは、稲の成長によって時を知り、
また季(とき)を、秋(とき)の移ろいを意識し認識してきたのではなかったか、
と思います。

 

我が国は実に動詞(広義の)の国である。
今日吾々の日常使用してゐる名詞より漢語やその他の外国語を除いたならば
名詞の数は著しく少くなるであらう。
さうして
残った名詞も仔細に検すれば動詞を名詞として用ひて居るものが甚だ多い
ことを発見するであらう。
例へば光ひかり、明あかり、量はかり、霞かすみ
くもり、晴はれ、黒くろ、白しろなど
本は動詞であつて動詞の動きを停めて名詞とした
ものである。
名詞が少く動詞の多いこと、
動詞の或活用形を採つて名詞として間に合はすことは
事物を流動的に観る意識慣性に基くのであつて世界観人生観の流動なると
その軌を一にするものである。
我が国には動詞は豊富であるが名詞に乏しい。
これは長所であるか短所であるかは別として我が国の特色である。
古来
この名詞の欠乏は多く外国よりの輸入で賄つて来た。
昔より今日に至るまで名詞は多量に輸入したけれども
動詞は輸入しない。
文章の材料の一部は輸入したけれども
文章そのものは輸入しない。
このことは古今に通じ凡ゆる文化に通じていひ得ることであつて、
外来文化に対する日本的態度の如何なるものであるかは、
この言語の領域に表はれてゐる様相からも推知し得る
のである。
(鈴木重雄『幽顯哲学』理想社出版部、1940年、pp.218-219)

 

・春寒し田仕事を待つ土の黙  野衾

 

ふるさとの遊び 5 ばんばいっこ

 

これも弟のメールで、にわかに思い出した遊び。ばんばいっこ。
語源が分からないながら、
内容としては、新雪が積ったときにやる子どもの遊びで、
いたってシンプル。
どういうのかといえば、
まず、新雪に、細い道をデタラメに、ときに規則正しく、付けてゆく。
雪を踏み込んでつくる道が長ければ長いほど、
あとの遊びが盛り上がるので、
どうやったら道が長くなるのか、
いろいろ工夫して複雑に曲がりくねった道をつくる。
うずまき状のデカい飴がありますが、
たとえば、
あのような形状の道を新雪にえがいてゆく。
ぐぐっ、ぐぐっ、と新雪を踏み込んでいき、ぐるぐる螺旋を絞りこんでいったら、
今度は、中心から外へ向かって、
螺旋をほどくように道をつけていく。
そうやって、なるべくなるべく複雑な道をつくる。
道が出来たら、
ふたつのチームに分かれ、
道の両端から、よういドンの合図で走りはじめる。
双方、道の途中で行き会ったら、ジャンケンをし、勝った方は、そのまま走りつづける。
負けた方は、道の外へ逃れ、
そのチームの二番手がチームのスタート地点から走りはじめて、
相手と行き合ったら、またジャンケン。
それをくり返し、
相手チームのスタート地点に先にたどり着いた方の勝ち。
いやあ、あれは、ほんとうに疲れた。
汗だくになったもの。
さて、
語源は分かりませんが、
相手陣地に乗り込むような遊びは、けっこうありそう。
そう考えると、
「ばんばいっこ」の「ば」は場所の場か?
「い」は「獲る」or「得る」の秋田風発音?
「こ」は、なんにでも付ける秋田方言のクセでしょうから、
「場ん場獲っこ」=「ばんばいっこ」
ん~、
だいぶあやしい。

 

・丘上の列車や花に弾み来る  野衾

 

ふるさとの遊び 4 石当て

 

いま仮に「石当て」としましたが、その遊びを当時どう呼んでいたのか、
思い出せません。
足の甲にてきとうな石を載せたり、両足のくるぶしのところに石を挟んだりして、
相手の石にぶつける、というもの。
弟からのメールによって思い出したものの、
弟も、
遊びの名称を思い出せないらしい。
「石当て」「石ぶつけ」「石落とし」……
ふむ、
なんて言ったっけなぁ?
それはともかく、
この遊びで勝つためには、
できるだけ平べったい石を見つけることが肝要、
だったような。
足の甲にも載せやすいし、
両足で挟むにも都合がいいわけです。
足の甲に載せて運ぶ場合は、
石を載せていないほうの足をつかい、ぴょんぴょん跳んで移動、
両足のくるぶしのところに石を挟む場合は、
挟みながら、石を落とさぬようにして、両足でぴょんぴょん跳ねていって、
タイミングを合わせ、
パッとじぶんの石を放ち相手の石にぶつける。
いずれにしても、
石を落とさぬように運ぶのは、かなり難しかった。
ところでこの遊び、
どれぐらいの範囲で行われていたのだろう?
たとえば、当時、子どもの遊びとしてわが村全域で、割と行われていたのか、
いや、もっと狭い範囲でのことだったのか、
あるいは、
意外と村を越え広域に及んでいたものか、
遊びは確実にかつて存在していて思い出せるのに、
名称はもとより、
謎に包まれています。
手を使わないことでいえば、
蹴鞠的でもあるし、サッカーのリフティングのようでもあるけれど…

 

・聴きなれし音の滴よ春に落つ  野衾

 

ふるさとの遊び 3 光の子

 

せんじつ、子どもの頃のふるさとの遊びについて書いたところ、
田んぼでやったやきゅうに関し、
秋田の弟から連絡がありました。
バットの代用を、わたしは棒と書きましたが、
弟の記憶では、
握りこぶしではなかったか、
とのこと。
そう言われれば、そんな気もしてきました。
ボールが軟式テニスの球なので、
握りこぶしで弾いても、痛くなかったはず。
しずかに思い出してみると、
たしかにバットの代わりの握りこぶしの感触がよみがえってきます。
ただ、バット代わりの棒、
も微かな記憶ですが捨てがたくありまして、
自前の田んぼやきゅうにふさわしい、
それらしい真っ直ぐな棒を探した時間とともに、ぼんやりよみがえります。
と。
こういうふうに、
ああだったかなあ、こうだったかなあ、どうだったかなあ、
いや待てよ、
あれこれ思い出そうとするこの時間がまた、
なんとも楽しく味わい深い。
事実とひょっとしたら食い違っている
かもしれない
けれど、
思い出の風景は、いわばこころの光景であって、
光が満ちています。
子どもは、光の子だなあ、と思います。

 

・鳴らせ音ズージヤで行こう春なんだぜ  野衾

 

目礼

 

先だって、こんなことがあり、ちょっと意識にのこりました。
先週土曜日に出勤し、
このごろのルーティンの一つ、
週に一度の母への手紙を書いて、ほかの仕事をひと段落つけて退社した折、
坂の途中のポストに向かいました。
信号のない道の左右を見、素早く横断してポストに近づくや、
わたしよりも早くポストに近づいた女性がいて、
角2サイズの封筒をポストの広い口に投函しました。
そのとき、
わたしはすでに二メートルほどのところに近づいていました。
その女性、
投函するほんの一瞬前、
わたしにすばやく目礼したように見えたので、
わたしも目礼を返しました。
ほんの一瞬のことで、
互いにことばを用いはしませんでしたけれど、
仮にことばを添えるなら、
「お先に失礼します」
「いいえ。どういたしまして」
ぐらいなことだったでしょうか。
女性はその後、道路を横断し、足早に坂を下っていきました。
たったそれだけのことですが、
そのことにより、
すこし気分が高揚しているじぶんに気づきました。

 

・二時間をすることなしに春日かな  野衾