カール・バルトの最期

 

さらにそんなに遅い時間に彼と話したいと思ったもう一人の電話の相手は、
彼と六〇年来真実に結ばれてきた
友人のエドゥアルト・トゥルナイゼンだった。
彼らは暗い世界情勢について話し合った。その時バルトは、
「しかし、意気消沈しちゃ駄目だ! 絶対に!
《主が支配したもう》のだからね!」
と言った。
あの電話がかかってきた時、彼は自分の講演の草稿の中で、
教会内ではいつも信仰の先達である父祖たちの語りかけに耳を傾けるべきだ
ということを論じる文章を書いているところであった。
なぜなら、
「《神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である》。
《人はみな、神に生きるものだからである》――使徒たちから、一昨日の、
そして昨日の父祖たちに至るまで」。
バルトは、
文章の途中で中断した草稿を、それ以上書きつづけようとはせず、
続きは明日のことにした。
しかし彼は、その明日を経験することはなかった。
彼は、その夜半のある時点に、誰にも気づかれずに死んでいた。
彼は眠っているかのように横たわっていた。
手は自然に、夕べの祈りの形に組まれたままだった。
朝になってネリ夫人が、モーツァルトのレコードをバックに流しながら、
彼をそっと起こそうとした時、
このような姿で死を迎えた彼を見たのである。
(エーバーハルト・ブッシュ[著]/小川圭治[訳]『カール・バルトの生涯』
新教出版社、1989年、pp.711-712)

 

生前、死んだらモーツァルトに会いたいと言っていた、
それぐらいモーツァルトが好きだったバルトにふさわしい死だった
かもしれません。
享年八十二。
墓地での葬儀で何人かが弔詞を述べたが、
そのなかに、
カトリックの神学者で、
カール・バルトに関する論文の執筆者でもあるハンス・キュンクがいました。
キュンクの『キリスト教 本質と歴史』
の日本語訳が昨年十一月に出版されたので、
バルトとの関連で、
いま読み始めたところです。
こちらの装丁は畏友桂川潤さん。

 

・風光る自転車疾走鳶の声  野衾

 

カレンダー

 

パソコンに向かってこれを書く前に、
机上にある卓上カレンダーと、
トイレ横の壁に掛けているカレンダーを一枚めくりました。
ふと思いました。
若いときは、
月末、31日がある月は31日に、
30日で終る月は30日に、
月を一日先取りしてめくることが多かった。
決めてそうしていたわけではないけれど、
なんとなく、
明日から新しい月が始まる、よし、ガンバロウ!
的な気分から、
まぁ、
せっかちだったんでしょうね。
それがこのごろは、
正しく(!?)月が替わってからめくるようになりました。
若いころの気分がなくなった
わけではありませんが、
それよりも、
月の晦日を楽しもうじゃないか、
の気分が増してきた、
恰好つければそういうことかなとも。
さて、
きょうから四月。
なれど鶯は、まだホー、ホケホケ。

 

・花ぐもり小舟波立て滑りゆく  野衾

 

エガちゃんねる

 

テレビのクイズ番組をよく見ておりまして、
先々週ぐらい、
かな、
「世の20代から50代まで訊いたユーチューバー人気ベスト10は?」
というような問題が出され、
YouTubeをあまり見ないわたしは、
10人明かされてもだれも知らないだろうなー、
と思いつつ、
テレビから離れて見ていました。
そうしたら、
一位はなんと江頭 2:50(えがしら にじごじゅっぷん)でした。
へ~、で、は~!?
あの江頭が…。
江頭 2:50はよく知っていますが、
とくに好きでも嫌いでもありませんで、
いや、
いつも力が入っていて、いっしょうけんめいだし、
あれも芸の一つかと思いますが、
右手の人差し指で相手をつよく指さして目をひん剥いているのに、
なかなかつづく言葉が出てこない、
のが、
割と好きかな?
ともかく。
興味が湧きましたので、
江頭がやっているというYouTubeのチャンネルを見てみた。
いろんなのがありそうでしたが、
カラオケもやっており、
見たら、聴いたら、
ザ・ブルーハーツが好きらしく、
「お笑い芸人になっていなければ、ザ・ブルーハーツになりたかった」
なんて言って、
「ザ・ブルーハーツになりたかった」はちょっと変、
「ザ・ブルーハーツになりたかった」ではなく、
「ザ・ブルーハーツに加わりたかった」
あるいは、
「ザ・ブルーハーツのメンバーになりたかった」
ではないか、
などとツッコミを入れつつ見た
のですが、
歌は上手いし、
なんでザ・ブルーハーツが好きか、
のコメントも江頭さん(ここから「さん」付け)
らしく、
そんな長くではありませんでしたが、
つい見てしまいました。
江頭さんとザ・ブルーハーツ、
そうか、
体を張った芸風(!?)ということでは、共通しているか、
と感じた次第です。

 

・蒼穹や春の烏の青く飛ぶ  野衾

 

父のアドヴァイス

 

家人の妹の娘Yちゃんは本好きで、
拙著『父のふるさと 秋田往来』を何度か読み、
そのことだけではないと思いますが、それも一つのきっかけだったようで、
会ったことのないわたしの両親に、
ときどき手紙を書いてくれるようになりました。
わたしの父も母も、
このごろは、
遠く離れたYちゃんから送られてくる手紙を心待ちにしている
ようなふしがあります。
そのYちゃんが、
この春高校に入学することになりました。
試験の発表前に秋田の父に手紙が届き、
その日の午後発表があって、めでたく合格したのでした。
数日措いて父はYちゃんに返事を書いたらしく、
電話でそのことを知りましたので、
なにを書いたの?
と尋ねると、
父いわく、勉強は大事だけれど、友だちをつくることが大切だと思う、
友だちがいることで学校へ行く楽しみが生まれるし、
友だちがいることが勉強の励みにもなる、
そんなふうに考える、
というようなことを書いて送ったのだとか。
父らしい心の工夫だと感じました。

 

・風はひそと後ろへ片栗の花  野衾

 

根源的問い

 

「彼は私たちに、ある学問性の帽子をかぶらせようとしたのです
――しかも、真の学問性とはこうこういうものですといった、
全く特定の要求をつきつけるのです。
そこではほんとうに、《一切か無か》が問われるのです。
そこで私は彼に、友情をこめて、
しかもはっきりと
〈われわれはそういう要請はまったくのむことはできない、そうは行きませんよ〉
と言わざるをえませんでした。しかしそれは、
彼と私との間での興味深い対話でした」。
同じ問題をめぐるもう一つの対話の機会に、バルトは彼に、
神学は――イエス・キリストの死人の中からの復活に基礎をおくと言明した。
「その時彼は真剣に私を見つめて、こう言いました。
〈それは物理学と数学と化学のすべての法則と矛盾する。
しかし君が言おうとすることがやっとわかったよ〉と」
(エーバーハルト・ブッシュ[著]/小川圭治[訳]『カール・バルトの生涯』
新教出版社、1989年、pp.295-296)

 

はじめの「  」中のバルトの発言は、1963年10月12日に、
ゲッティンゲン大学の学生との対話において、
二つ目の「  」中のバルトの発言は、1964年3月2日に、
テュービンゲン大学の学生との対話においてなされたもの。
ふたつの発言は、
第二次世界大戦後のものであるが、
発言の中にでてくるエピソードは1930年の12月のこと。
「彼」とは、ハインリッヒ・ショルツ。
最初数理哲学者として出発したが、
のち次第に宗教哲学の領域で業績を出すようになった、とのことである。

 

・弥生尽日々の作法の匂ひけり  野衾

 

根のある人

 

われわれ人間は、二つの世界の間の放浪者である。
この世界では故郷を喪失し、あの世界ではまだ定着する家をもたない。
しかしまさにこのような放浪者として、
われわれはキリストにおいて神の子なのである。
われわれの生の秘密は、まさに神の秘密である。
神によって突き動かされて、われわれはため息をつき、
みずからを恥じ、恐れ、死ななければならない。
神によって突き動かされて、
われわれは喜び、勇気をもち、希望をいだき、生きることが許される。
神は根源である
(エーバーハルト・ブッシュ[著]/小川圭治[訳]『カール・バルトの生涯』
新教出版社、1989年、pp.173-174)

 

新井奥邃(あらい おうすい)に師事し、
奥邃が亡くなるまで身の周りの世話をしたひとに、
秋田出身の中村千代松がいましたが、
彼はジャーナリストとして、また政治家として活躍し、
著名な人々とのつきあいも少なくなかった
ようですが、
かれが書いた文章の中に、
偉い人もいたし、見てきたけれど、
奥邃先生に敵うひとは一人もいない、なぜなら、先生は根のある人だから、
というような文言がでてきます。
生きる上での根、とは何か。
『カール・バルトの生涯』の引用箇所から、
すぐに木公(もっこう)中村千代松の言葉を思い出しました。

 

・鶯の声の生まれて降りにけり  野衾

 

天に気象

 

鍼灸院に通い始めて十年ほどたち、
じぶんでも毎日灸をすえるようになったせいか、
以前に比べ、
体調が安定してきたように感じます。
それにプラスしてこのごろとみに思うのは、
よくも悪しくも、
日々の体調の、
少し大げさに言えば、
時時刻刻の微妙な変化を意識するようになったこと。
気にし過ぎはよくないけれど、
天気みたいなものかな、とも思います。
天気による体調の不具合をさす気象病というものも指摘されていますが、
天気の影響はもとより、
食べ物、飲み物、睡眠の質や時間、ストレスの有無、
等々、
さまざまなものから影響を受け、
いのちの気象とでもいいたいぐらい千変万化する
と見たほうがよくはないか。
そういう実感がありますので、
たとえば寺島良安の『和漢三才図会』、貝原益軒『養生訓』
なんかが、
しぶく光を放ってきました。

 

・ありがたき里山の今ぞ鶯  野衾