オリビアを聴きながら

 ひとり自分の部屋でパソコンに向かい今日の日記のタイトルを書いて赤面。だいたいうんうん唸って書けない時ってのは、なぜか昔のことを思い出すのよ。
 スティービー・ワンダーの新譜まだかなぁ〜。7月4日発売予定ってなってるけど、ほんとに出るのか。なんてつらつら考えていたら、スティービー・ワンダーの前にオリビア・ニュートン・ジョンがいたことに不意に思い当たった。
 恥ずかしながら、わたくしが初めて買ったレコードはオリビア・ニュートン・ジョンなわけで。ラジオで「ジョリーン」かなんかを聴いて感動し、それでレコードを買う気になったのだろう。だから「オリビアを聴きながら」。ずいぶん昔のことだから他人事のような気もする。
 レコード店で初めてオリビア・ニュートン・ジョンの顔を見て驚いた。かわいいではないか! 超かわいい!! あの頃はかわいかったんです、ほんと。今のように口が大きくなかったし(口が成長?)。わたしは何か犯罪でも犯すようなこころもちでオリビア・ニュートン・ジョンのレコードに手を伸ばした。自分のこづかいで買ったのに、とてもいけないことをしているような気がしたものだ。衣食住に関係のない必要ないものにおカネを使っている…
 当時わたしの家にはステレオがなく(秋田の家には今もない)、近所の叔父さんちにステレオがあった。叔父さんはそれで北島三郎を聴いていた(関係ないが、叔父さんちの居間には北島三郎の大判の写真が額入りで壁に飾ってある、今も)。さっそく叔父さんの家に行き、ステレオをつかわしてもらう許可を得、オリビア・ニュートン・ジョンのレコードに針を落とした。バリッと音がした。心臓がばくばく言った。気を落ちつけボリュームを下げ、正座してオリビア・ニュートン・ジョンを聴いた。ああ、堪らん!! どうしてこんな声を出せるのか。「そよ風の誘惑」なんて、あの声でしょ、あの顔でしょ。レコードジャケットを持つ手が震え、もうメロメロ。
 その後、高校の友達と好きな音楽の話になり、「三浦はだれが好きなの?」と訊かれ、間髪入れずオリビア・ニュートン・ジョンと即答したものの、長い片仮名の名前がスマートに言えなくて恥ずかしかった。ビートルズと答えれば良かったとすぐに反省したが、あとのまつり。オリビア・ニュートン・ジョンが秋田弁ではどうしても平仮名になり、さらに訛って、おりびわにゅうっと・ん・ぢょん、みたいになってしまうのをどうすることもできない。ヒロシです。いや、マモルです。(泣)

気流

 鎖骨を折って固定バンドで不如意な生活を送ってきて、そろそろ飽きてきたときのうは書いたけれど、この事故は意味のある事故であったと、強がりでなく思っている。てゆうか、わたしは、出会いも別れもアクシデントもトラブルも、大きい世界から見れば意味のあることで、自分にとって意味のないことなど一つもないという考えに共感し与する者だ。宗教は関係ない。そういう考えが割りと好きだし、今回のことで、ますますそう思えるようになった。
 固定バンドで暮らしたこの時間(まだ取れていないけど)いろいろなことを感じたり考えたりした。一番は自分という人間をいつもと違った視点で見られたことが大きかったと思う。飛行機が離陸したあと水平飛行に入るまでガタガタ揺れるように、激しい気流の中を飛んだ気がする。梅雨が明ける頃、固定バンドも外れる(だろう)。さてどんなパノラマが目の前に展開するか。こういう気分になれたことだってきっと意味がある。
 きのうはカメラマンの橋本照嵩さんと春風社十周年企画の夢を語り合った。

ストレス

 鎖骨を骨折してから二ヶ月がたち、そろそろ飽きて(?)きた。固定ベルトをまじめにしてきたおかげで骨がくっ付き始めたのはいいが、寝ても覚めても移動のときも常に装着、そう、カシャ−ンカシャーン(音はロボットみたいでカッコいい!)と、まさに装着しているので窮屈極まりない。ベルトの構造上の問題で、胸のあたりが始終締め付けられているため、苦しいほどではないが、二ヶ月ずっと装着してきたから、おそらくそのせいだろう、喉のあたりに違和感を感じるようになった。のど飴効かず。なので、おっかなびっくり、デスクワークで体を動かす必要のないとき、社員に気づかれぬように(する必要はないのだけれど)そ〜〜〜〜〜〜〜っとベルトを外し深呼吸をしてみた。むむ。爽快! 清清する。関根勤が千葉真一の物まねをするときぐらいの深い息。ふぅうううううううううっ!! 開っ放っ感っ♪♪
 こころも体も外交も(大きく出た!)なにごとによらず締め付けはよくないということを身をもって認識した次第。(そんな教訓かよ)

めおとピアノ

 海外の音楽を招聘する会社に勤める知人から案内があり、「カメラータ・ジオン(室内アンサンブル)と二人のハイドシェック」というコンサートに、武家屋敷、若頭といっしょに行ってきた。会場のみなとみらいホールまでは徒歩15分。
 連弾のピアノというものを初めて見た。エンジンを搭載すれば前にも後ろにも走り出しそうで、すぐに井上ひさしの近未来SF小説『吉里吉里人』に出てくる改造犬「往ったか来たか号」を連想。わたしだけが初めてなのかと不安になり、武家屋敷に問い質したところ、彼女も初めてとのことで安心(?)。
 ところで「二人のハイドシェック」というくらいだから、二人は夫婦。ヒデとロザンナのようなもの? そう? ちがう? ちがうか。あ、そ。それはともかく、仲の良いところを音で聴かせてくれるのかと思いきや、そうでもない。むしろ、あまり仲が良くないのじゃと邪推したくなる。ていうか、奥さんのターニャさんは夫に合わせて弾いているようなのに、夫のエリック君がどうも変。勝手。わがまま。唯我独尊。そんな感じ。さらに気になるのは、椅子の高さを始終気にして微調整しまくりのご様子。もぞもぞもぞもぞネジをまわしてばっか。このひと痔が悪いんじゃないの? とまた邪推。相当神経質のようだ。
 というわけで、どうも統一された音楽として聞こえてこない。眠くもなる。ふむ、と思いながら第二部に臨むや、第一部はなんだったのと怪しむぐらい今度は俄然音が生き生きしてくる。室内アンサンブルのカメラータ・ジオンとエリック・ハイドシェックの演奏で、奥さんのターニャさんは登場せず。エリック君、なんだかノリノリ。カメラータ・ジオンの面々も煽られたのか気合が入った(みたい)。客席の集中度が一気に上昇。横を見れば、第一部で眠っていた武家屋敷はカッと目を見開き、若頭なんか身を乗り出して聴いている。
 終ってみれば、拍手の嵐。アンコールが1曲で終らず2曲も。エリック君満足げ。ふむ〜。久々のクラシック音楽を堪能した夜だった。

暑ッつ!

 梅雨のド真ん中なのに雨も降らずこの暑さ。やりきれない。というわけで、昼、野毛にある福家(ふくや)にドジョウを食べにいく。開いたドジョウを笹掻きゴボウと煮て玉子とじにした、いわゆる柳川鍋だ。
 ジュージュー、汁がこぼれんばかりの熱熱の鍋から玉子とじのドジョウとゴボウを箸でつまみフーハーいいながら食す。これ最高! ご飯に合うんだな。福家のご飯がまた極上で、品種は分からないが炊き方がスコブル上手い。ご飯粒が立っているだけでなく、白い粒と粒の間から熱い吐息が漏れてくるようで自ずと食欲がそそられる。最後、鍋に残った汁をれんげですくってご飯にかけて食べるのも一興。
 食後、渋いお茶で口をしめ、勘定を済ませると女将さんが黒飴をくれる。一個で足りず二個もらうことも。野毛の坂道を登りながら首筋に当たる風が心なしか涼しく感じられたのはドジョウのおかげか。なんて…。
 野毛山動物園に向かう交差点を右に折れる頃にはドジョウの効力すっかり失せ、日差しがカンカンと、音の出るほど照ってきたのであった。

定期総会

 年に一度の集まりへ、のこのこ出かけた。十四世帯あるから全員集合すればそれなりだが、いつも半分集まればいいほうで、あとは委任状。
 主な議題は第九期決算と第十期予算、あとは空いている駐車場をどうするか、とか、貯水タンクを取り外した後の土地の利用法とか。跡地利用ったって、猫のひたいほどのスペース、花を植えるぐらいが関の山なのだが…。
 分譲マンションというのは長屋の現代版で、たまにしか集まらないけど、集まればなんとなく親近感が湧き、そこはかとなく楽しい。途中出ていった人、新しく入った人もいるけれど、十年前いっしょに説明会に参加した人がほとんどで、十年ひとむかしの言葉どおり、皆それなりに歳とった。当時新婚で入ったご夫婦にその後赤ちゃんが生まれ、今ではお母さんと連れ立って出かける娘の後ろ姿を見かけるようになった。ほかの子供たちもずいぶん大きくなった。
 管理会社の説明によれば、今年か来年かまだわからぬが、近々に大修繕工事をやる必要がありそうだとのこと。仮に一社から見積もりを取ったところ、千二百万円ほどかかるとか。相見積もりを数社から取り、内容充実かつリーズナブルで信頼の置ける会社に頼もうということに決定。
 今年はなんの役にも付くはずでなかったのが、仕事の都合上なかなか捕まらない人がいて、急遽会計の役が回ってきた。十四世帯しかないのにそういう人がいるとほんとに困る。次つぎ何かの役が回ってくる。好きでやる人などいないのに…。ったくよぅ。まぁ、仕方ないかとあきらめた。

高齢化社会

 すごいテーマを掲げたが、実はこういうタイトルの歌がある。好きな忌野清志郎の『メンフィス』に入っている。歌詞は、以下のとおり。
  お前が生まれる前から 俺は俺だぜ わるかったな
  そうだぜ俺は年寄り 世話がやけるぜ すまなかったな Hey Hey
  若い女を紹介してくれ なァいいだろ
  俺の腰をもんで欲しいのさ
  いたわってくれ面倒見てくれ 気を遣ってくれ すまねえな
  忘れんなよこの年寄り 頑固者だぜ わかったな Hey Hey
  若い女じゃもの足りないのさ OH そうだな
  体は良くても わびさび知らねえ
  他の女を紹介してくれ なァいいだろ
  風呂で背中を流して欲しいぜ
  高齢化社会がどんな社会でも 政府の奴らがやってる事じゃ
  どうせ俺とは気が合わないのさ
  俺は口うるさいぜ そうだ 年寄りだからな
 (後略)
 Hey Heyってアンタ。1992年に出たアルバムだから、もう10年以上前になる。CDが出た当時、ただ腹を抱え爆笑しながら聴いたものだが、年々身につまされるようになってきた。ふむ〜、なかなか深い歌詞、と思えるようになった。歌の境涯に近づいたということなのだ老。「若い女が欲しい」と言ったり「若い女じゃもの足りない」と言ったり矛盾だらけ。だってだって「俺は年寄り」なんだからな、みたいな…。清志郎は1951年生まれだから41歳のときにこれを作ったことになる。やはり天才なのだろう。