Archives : 5月, 2007

ムーディ勝山

 きのうは陣内智則と藤原紀香の結婚披露宴が神戸のホテルであり、その模様をテレビが中継していた。
 かつての藤原紀香ファンの一人としては見ないわけにもいかず、複雑な思いで、涙を浮かべ(このごろ、よく泣く)ながら見ていた。
 すばらしい披露宴で、招待された芸能人の多くが涙を浮かべていた。テレビ前のわたしも感動の涙で顔中ぐしゃぐしゃになった。
 藤原紀香のスペシャルゲストは郷ひろみ。「お嫁サンバ」を歌った。ヒロミ・ゴウはノッテいた。かたや陣内智則のスペシャルゲストはといえば、だれだ? だれだ? なんと、あの天才ムーディ勝山。わたしが今一番好きなお笑い2人のうちの1人(あとの1人は柳原可奈子)。
 颯爽と登場したムーディ勝山。もうそれだけで可笑しい。すっくと立ったその立ち姿が、もう笑える。顔はいつものように、いたって真面目。服装は白いタキシードに黒の蝶ネクタイ。いつもの格好が結婚披露宴の司会者風なので、芸風とよくマッチした登場となった。そして、彼の持ち歌、一度聴いたら絶対耳から離れないデタラメで破壊力抜群のあの無意味な名曲を歌った。
  チャラチャチャ チャラチャ〜
  チャラチャ チャ チャラチャ〜
  チャラチャ チャラチャ チャチャラチャラチャ〜
  右から 右から何かがきてる〜
  僕はそれを左へ受け流す〜
  いきなりやってきた〜
  右からやってきた〜
  不意にやってきたぁ〜 右からやってきたぁ〜
  僕はそれを左へ受け流す〜
  右から 左へ受け流す〜
  左から右へは受け流さない〜
  右から 右から そう右からきたものを
  僕は左へ受け流す〜
  もしも あなたにも
  右からいきなりやってくることがあれば〜
  このうたを思い出して〜
  そして左に受け流してほしい
  右から来たものを左に受け流すのうた〜
  あ〜あ〜 この東京砂漠〜
 もう1曲、ムーディ勝山は、陣内智則と藤原紀香の結婚披露宴用の歌を作ってきており、その歌詞はと言えば、陣内と紀香の結婚披露宴を左へ受け流す〜、というもので、陣内は、受け流すなあ!!とつっこんでいたが、わたしの涙はいつの間にか、感動の涙から爆笑の涙に変わっていた。♪あ〜あ〜 この東京砂漠〜

465deed7b6bf1-070529_2218~0001.jpg

感応

 これまでも、たとえば小説を読んでいて、映画を観ていて、感動的な場面に出くわすと、あ、まずいと思いつつ、つい、目頭を押さえることはあった。しかし嗚咽することはそんなになかった。
 ブラッド・ピットが主演の『リバー・ランズ・スルー・イット』を有楽町の映画館で観たとき、嗚咽した。映画館を出ても、なんだかふらふらして、適当に歩いて目に付いた喫茶店に入りコーヒーを頼んだら、また泣けてきた。思い返せば、当時の境遇と心身の状態がまずあって、そこに映画の何らかが響いたということなのだろう。
 本となると、嗚咽したことなどなかったのに、休日『大峯千日回峰行』を読んでいたとき、あるところに差しかかったら、突然、ワッと声が出て大声で泣いた。自分でも何がなんだかわからずに、あわてた。
 1300年間で2人目という千日回峰行を満行された塩沼亮潤さんの荒行の話は、どこを読んでも驚きと感動に満ちているけれど、泣いたのは、塩沼さんの話ではなく、聞き手の板橋興宗さんの話。
 だれも真似のできない荒行を終えられた塩沼さんに最大限の敬意を払いつつ、板橋さんは、これからは、塩沼さんが住職をされている寺で、ほかの人たちといっしょに修行してくださいとお願いしている。
 けさ、そこをもう一度開いてみたら、不思議な気がした。どうして嗚咽したのだろうと思う。板橋さんの捨て身のまごこころとでもいったものが感じられたのかもしれない。

465caef5b39a9-070527_1130~01.jpg

読経と読書

 …それで、私なりにやっているうちに、何だ、お経というのは意味がわかって読んでもよし、わからないで読んでもよし、ということがよくわかったわけです。
 わかって読んでもいいが、できるならばわからんままに、ただ声を出して読むことが最高だと会得したのです。それ以後はお経の意味を尋ねる気がしないのです。腹の底から声を出してただ読むこと。それが読経という行です。
 意味を考えるなら、このまま寝っ転がって読んでもいいんですよ(笑)。
(『大峯千日回峰行』対談中、聞き手の板橋興宗禅師のことば)

465b4f3378658-070526_0643~01.jpg

教え子

 休日、横浜駅のホームで、横須賀の高校に勤めていた時代の教え子を見た。線路を挟んで反対側のホームを歩いていたから見間違えるはずはない。
 Yさんは高校生のときからスッと立ち、涼しげに颯爽と歩く。よほど声をかけようかとも思ったが、やっぱり、よした。
 Yさんはちょっと立ち止まり、数秒なにか考える風情だったが、上り東海道線の電車がわたしの乗る横須賀線の電車よりも早く到着し、人ごみの中に消えた。声をかけずに良かったと思ったけれど、だまって見ていたことを少し後ろめたく感じた。

465a07dccf0bc-070526_0642~01.jpg

造本装幀コンクール

 日本書籍出版協会からの知らせで、小社刊行の『Beowulf』が第41回造本装幀コンクールの外国語版部門で日本書籍出版協会理事長賞を受賞したことがわかった。小社としては、『妊娠するロボット』以来2度目の受賞となる。装幀者は長田年伸、印刷・製本はシナノ。
 長田君は大学在学中、新井奥邃に興味を持ち、卒論も新井をテーマにした。卒業後、小社に入社し、いくつもの本を手がけたが、デザインへの興味が強くなり、さらに勉強すべく会社を去った。今はデザイン事務所で研鑚を積んでいると聞いた。わたしは、長田君の装幀が認められたことが、何よりうれしい。彼が今後どういう進路に向かうにしても、見よう見真似で始まった仕事が、小社時代にすでに人さまが認める域に達していたことは疑いようのない事実。その意味で、春風社は若い人にとっての実験場であってくれればと思っている。若い人が伸び伸び、生き生きと動いている空間が一番だ。

46560bd67049d-070509_1937~0002.jpg
Archives

You are currently browsing the 港町横濱よもやま日記 blog archives for 5月, 2007.

三浦衛(みうら・まもる) 春風社代表にして自慢大王&悪ノリ大王。体調のいいときは自らを天才と称し、不調の折はちりあくたにも劣るヤツとしょんぼり。

2007年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
過去の日記
最近のコメント
三浦衛の本


『カメレオン』
 三人ときどき声にならぬ声を洩らし/とろけ とろけ 唾までとばし/クヂるとナメるとネヂるとチョす…(「鳶」) 自在に色を変え、不意に突き刺さる、軽妙なことばの戯れ。秋田方言満載の詩集。本文は金属活字による活版印刷。


『マハーヴァギナまたは巫山の夢』
 三平佐世夫は、千一夜の夢うつつで女と戯れ、印度に旅し、睾丸を抜かれ、鰐を飼い、横浜を彷徨う。言語の崖っぷちを綱渡りする、めくるめく冒険。本文活版印刷に美麗造本を施した平成の大奇書。


『父のふるさと』
 父の目に映じた故郷の風土、ひと、くらし、農事を、愛惜をこめ描きだす。本文は金属活字による活版印刷。「身と蓋函」に納める。


『出版は風まかせ』
 横浜の出版社「春風社」社長が本づくりと会社経営にまつわるエピソードを豊富におりまぜ、創業から10年を振り返る。