Archives : 4月, 2017

サステイナブル?

 

・住み慣れしあばら家愛し朧月

連休前最後の日記は、
イシバシネタで締めくくろうと思います。
さてイシバシ、
営業で筑波大学へ行ってきました。
その報告の際に、
「K先生は来年一年間サステイナブルでフランスに行かれるそうです」
「ん!?」
「ですからK先生は来年一年間サステイナブルでフランスに行かれるそうです」
「…………。まちがってねーか?」
「何がですか?」
「サステイナブルじゃねーだろ」
「は……!」
「は、じゃねーよ。サバティカルだろ」
「ああ、それそれ、サバティカルサバティカル」
わたしは大笑いしましたが、
そんなことにめげるイシバシではありません。
イシバシのために若干フォローしておくと、
K先生は弊社から、
『サステイナブルな社会を目指して』を上梓しています。
サバティカルとサステイナブルでは、
「サ」しか重なりませんが、
イシバシ的には似ているらしく。

弊社は、
明日29日より5月7日まで休業とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

・朧にてあと一日の疲れかな  野衾

咀嚼

 

・この世てふ夢のつづきの桜かな

テレビや本で知ったわけでなく、
唾液は第一の消化薬

自分のからだで知ったので、
口に入れるものはとにかくよく噛むようにしています。
たとえばきのう。
近くの定食屋に入ってランチをたのみ、
食べ始めたら新しい客が来て彼もランチを所望。
てか、
その店は昼はランチしかない。
わたしより遅くスタートしたのに
難なく食べ終わり、
勘定を終えて帰ったと思ったら
さらに次の客、
ひげを生やしたおじさんで。
そのころ、
わたしは半分ぐらい平らげていたのですが、
ひげおじさん、
勢いよく食べ始め、
あれよあれよという間に完食、
勘定を済ませて
「どうも。ごちそうさま」
それからさらに五分ほど経過、
わたしはようやく完食にこぎつけた。
アゴ疲れた!

・山一面淡き灯りの桜かな  野衾

日永

 

・永き日の気分ほのぼの何しよか

家人の妹が嫁いだ先が日永家でありまして、
おもしろい苗字だなと思ってきました。
日永は春の季語。
日の短い寒い冬が終わると、
だんだん陽気とあいまって
明るい宵がことのほかありがたく感じられます。
若いころは、
さてきょうはどちら方面へ出向くか、
なんてことを考えましたが、
いまそんなことは全くなく。
それなのに、
そんなときの気分だけは身にのこっていて、
ワクワク感は否めません。

・永き日の遥か山の端見てをりぬ  野衾

銀座木村屋

 

・銀座にてモーニング食ぶ春日かな

教文館に行く用事がありまして、
11時の約束でしたが、
わたしは超のつく方向音痴なので、
早めに家を出たところ、
10時15分には銀座に着いてしまい、
いくらなんでも早すぎますから、
銀座木村屋の二階にてモーニングを所望。
ほどなくイシバシからメール。
「いまどちらですか?」
「だはははは。銀座木村屋にてモーニングだぜ」
新明解国語辞典の「ともかく」の例文に、
「仕事ならともかく、渋谷にはめったに行かない」
というのがありましたが、
その伝でいくと、
「仕事ならともかく、銀座にはめったに行かない」わたしでありました。

・麗らかや気温高そな銀座かな  野衾

日没

 

・春風や入り日山の端燃えに燃え

昇ってしまうとよくわかりませんが、
日の出、日没の太陽は、
山の端との対比から、
ものすごいスピードで現れ、
また消えていきます。
春のあけぼのはたしかにいいですが、
日没もどうしてどうして。
ホーホケホケ
と心細げに鳴いていた鶯が、
このごろやっと
ホー ホケキョ
と、
すばらしい声を聴かせるようになりました。

・鶯も入り日眺めて鳴きにけり  野衾

Archives

You are currently browsing the 港町横濱よもやま日記 blog archives for 4月, 2017.

三浦衛(みうら・まもる) 春風社代表にして自慢大王&悪ノリ大王。体調のいいときは自らを天才と称し、不調の折はちりあくたにも劣るヤツとしょんぼり。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
過去の日記
最近のコメント
三浦衛の本


『カメレオン』
 三人ときどき声にならぬ声を洩らし/とろけ とろけ 唾までとばし/クヂるとナメるとネヂるとチョす…(「鳶」) 自在に色を変え、不意に突き刺さる、軽妙なことばの戯れ。秋田方言満載の詩集。本文は金属活字による活版印刷。


『マハーヴァギナまたは巫山の夢』
 三平佐世夫は、千一夜の夢うつつで女と戯れ、印度に旅し、睾丸を抜かれ、鰐を飼い、横浜を彷徨う。言語の崖っぷちを綱渡りする、めくるめく冒険。本文活版印刷に美麗造本を施した平成の大奇書。


『父のふるさと』
 父の目に映じた故郷の風土、ひと、くらし、農事を、愛惜をこめ描きだす。本文は金属活字による活版印刷。「身と蓋函」に納める。


『出版は風まかせ』
 横浜の出版社「春風社」社長が本づくりと会社経営にまつわるエピソードを豊富におりまぜ、創業から10年を振り返る。