天狗魚

 

・梅白し白く咲かせてひかりかな

夢を見た。
神奈川新聞社のS記者と天狗魚の取材をしにゆく夢。
S記者は、
自転車記者の佐藤氏。
だったら、
佐藤さんでいいようなものですが、
夢の中で、
佐藤さんのプライバシーを慮っているようだったので、
夢に忠実にS記者でいきたいと思います。
ところどころから
湯気を噴き出す地獄谷のような丘を、
S記者は軽快なフットワークで走っていきます。
頭に例のヘルメット。
上半身、裸。
わたしは遅れまいとついていくのですが、
ぼっかり開いた穴が恐ろしくて、
なかなかスピードがでません。
穴の中は、
熟れたイチジクの色をしており、
イソギンチャクをも髣髴とさせます。
S記者はときどき振り返っては、
わたしを待ってくれています。
寺がありました。
その中を通って、目的の沼に向かいます。
寺の中では
十数名ほどの小坊主と青年僧が修行の最中。
体にオーラは感じられません。
沼は寺の敷地内にあり、
S記者は、
パンツ一丁で躊躇することなく沼に入っていきます。
わたしも真似してずぶずぶと。
目の前、
一メートルほどのところに、
深緑色に輝く魚が近づいてきました。
これか。
体つきは鯉に似ている。
デカい。
口から霧のような液体を吐いている。
水に顔を寄せて匂いを嗅ぐと、
臭い。
つい、顔をそむけてしまいます。
魚は大岩の反対側から泳いでくるようです。
と、
S記者が顔を高潮させて戻ってきました。
わかりました!
わかりました!
S記者は、
誇らしげに右手を大きく上げながら、
水をこいでこちらにやってきます。
ははーん。
話を聞く前から、
S記者、
天狗魚と
寺との関係にまつわる黒い噂の真相を
つきとめたのだなと直感しました。

・我がこころ極を歩きて帰り来ぬ  野衾

2 Responses to “天狗魚”

  • S記者:

    恐らくその魚は作り物で、大岩の向こう側にはそれを操っている生臭坊主がいたのでしょうね。遠い昔には確かにいた、天狗魚を客寄せパンダに仕立て上げたのでしょう。
    人面魚を思い出しました。

  • miura:

    お。S記者。どもども。雰囲気的に脂汗が出てきそうな雲行きの夢でしたが、そうならなかったのはS記者のおかげ。ありがとうございました。

Leave a Reply

三浦衛(みうら・まもる) 春風社代表にして自慢大王&悪ノリ大王。体調のいいときは自らを天才と称し、不調の折はちりあくたにも劣るヤツとしょんぼり。

2014年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
過去の日記
最近のコメント
三浦衛の本


『マハーヴァギナまたは巫山の夢』
 三平佐世夫は、千一夜の夢うつつで女と戯れ、印度に旅し、睾丸を抜かれ、鰐を飼い、横浜を彷徨う。言語の崖っぷちを綱渡りする、めくるめく冒険。本文活版印刷に美麗造本を施した平成の大奇書。


『父のふるさと』
 父の目に映じた故郷の風土、ひと、くらし、農事を、愛惜をこめ描きだす。本文は金属活字による活版印刷。「身と蓋函」に納める。


『出版は風まかせ』
 横浜の出版社「春風社」社長が本づくりと会社経営にまつわるエピソードを豊富におりまぜ、創業から10年を振り返る。