老夫

 

・水仙の花に珈琲注ぎたし

杜甫の詩を読んでいると「老夫」ということばがでてきます。
老いたおじさん、
だれのことかと思いきや、
杜甫自身。
いくつで
自分のことを
老いたおじさん呼ばわりしているのかといえば、
ななんと四十代。
へ~!!
四十代で老夫なら
五十代は老老夫か、
六十代は老老老夫で三老夫、
なんて。
八世紀中国の時代状況もあるでしょうが、
詩のなかにその文字が出てくると、
やはり目がとまります。
ときどき見ているブログがありまして、
それを書いているのはおそらく六十代の方と思われますが、
あるとき、
「ゆえあって射精をした。かつては毎日だった」
と書かれてあり、
爆笑。
また、
杜甫の詩を読みながら、
竹内敏晴の『老いのイニシエーション』
を思い出しました。
舞踏の土方巽が57歳、
活元の野口晴哉が64歳
で亡くなったことを踏まえ、
生のエネルギーの放出が六十を境にして変ることを、
みずからの体験ともあわせ
たしか記述していたはず。
さて、
ちゃんと越えられるだろうか。
なんか心もとないなあ。
越えるための棒があるといいのですが。
って、
棒高跳び!?

・軽重を計り地球の蛙かな  野衾

2 Responses to “老夫”

  • 松:

    老夫40代でしたか。オモシロいですね。
    「バカボンのパパ41歳」が年下になったとき
    の衝撃を思い出しました。
    それから「昔話、お爺さんとお婆さんが…」の
    お爺さんとおばあさんも、40代とのことで。
    40代で赤ちゃん生まれて恥ずかしいから、
    自分たちのせいではなくて、桃のせいにしたとか?
    もしくは、「生のエネルギー」のために、別のお尻から?
    長々すみません。
    いま、中高年、元気ですね。
    「髪染め禁止令」を出したら、白髪頭で、
    町の風景、会社の風景が一変しそうです。

  • miura:

    髪染め禁止令、あははは。

    松さん、どうも。

Leave a Reply

Archives

三浦衛(みうら・まもる) 春風社代表にして自慢大王&悪ノリ大王。体調のいいときは自らを天才と称し、不調の折はちりあくたにも劣るヤツとしょんぼり。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
過去の日記
最近のコメント
三浦衛の本


『カメレオン』
 三人ときどき声にならぬ声を洩らし/とろけ とろけ 唾までとばし/クヂるとナメるとネヂるとチョす…(「鳶」) 自在に色を変え、不意に突き刺さる、軽妙なことばの戯れ。秋田方言満載の詩集。本文は金属活字による活版印刷。


『マハーヴァギナまたは巫山の夢』
 三平佐世夫は、千一夜の夢うつつで女と戯れ、印度に旅し、睾丸を抜かれ、鰐を飼い、横浜を彷徨う。言語の崖っぷちを綱渡りする、めくるめく冒険。本文活版印刷に美麗造本を施した平成の大奇書。


『父のふるさと』
 父の目に映じた故郷の風土、ひと、くらし、農事を、愛惜をこめ描きだす。本文は金属活字による活版印刷。「身と蓋函」に納める。


『出版は風まかせ』
 横浜の出版社「春風社」社長が本づくりと会社経営にまつわるエピソードを豊富におりまぜ、創業から10年を振り返る。