Archives : 5月, 2015

ニンニク爺

 

・この川は俺の川だと青大将

仕事の帰り、
本町小学校の横を歩いていたときのこと、
赤銅色の顔をテカテカさせながら、
ニッカボッカを穿いた
頑健そうな老人とすれちがう。
瞬間、
強烈なニンニクの臭いが
ぷわわ~~ん!!
ぷわわ~~ん!!
もうひとつ。
ぷわわ~~ん!!
ニンニクそのものの臭いなら
まだ許せる。
ニッカボッカを穿いた頑健そうな老人は、
仕事を終え、
おそらくビールか焼酎か菊水ふなぐちでも飲みながら
大量のニンニクを食ったのだろう、
アルコールとニンニクと老人の肉体が有機的に化合され、
えもいわれぬ、
この世のものとも思われない
悪臭を発生させた、
ものと思われる。
わたしはもともと匂い臭いに敏感なのだ。
あまりの悪臭に、
わたくし、
しばしその場にうずくまる。
うっうっうっ、
と、
うずくまりながら顔を上げると、
ニンニク爺は
何事もなかったかのごとく
(ニンニク爺にしてみれば、何事もなかったわけだが…)
振り向きもせず、
階段をゆっくり上っていった。

橋本照嵩『石巻かほく』紙上写真展
の十六回目が掲載されました。
コチラです。

・出勤時蛇と戯れ遅刻せり  野衾

老人意識

 

・煙り立つ焼き玉葱の香りかな

齢のせいにしたくはありませんが、
やっぱり齢のせいなのでしょう。
仕事でもプライベートでも、
なにかにミスが多くなり、
自分でしたことなのに、
しょうがないなぁ
と情けなくなったり、
憤ったり。
それと。
このごろ手と足がよくすべる。
指紋が薄れ、
皮が硬くなっているのかもしれません。
行動をすべてゆっくり目にし、
怪我を惹起せぬよう
注意はしているものの、
思わぬところに危険は潜んでいて
ハッとすることも少なくありません。
夜中、小用に立ち、
寝ぼけまなこで戻ってきて布団に横になろうとしたとき、
足がすべって体ごとドッと倒れヒヤッとした。
倒れる瞬間、
右手をサッとつき体を支え、
大事には至らなかったものの、
手のつき方を誤っていれば、
骨折した可能性もあり、
闇の中で
ジッと天井を眺めておりました。

・針山の如き中より仙人掌の花  野衾

ぷらぷらと

 

・老人も児らも緑の眩しかり

自宅から会社まで、
会社から自宅まで、
電車の乗り換えもありますが、
ドアツードアで四十分あれば確実に着きます。
が、
このごろは、
往きも帰りも、
一時間ほどかかっています。
ぷらぷら歩いてケータイで写真を撮り、
ぷらぷら歩いてケータイで写真を撮りして
撮った写真を、
この日記の下に載せているわけです。
ゆっくり歩くと
毎日の道なのに、
いろいろ変化に富んでいて、
目を楽しませてくれます。
わたしは花の名前にとんと疎いのですが、
匂いと臭いに割りと敏感で、
ふわっと匂ったり、
おえっと臭ったりしてくると、
きょろきょろ見回し、
ああこれかあと立ち止まります。
下の写真はちがいますが、
ジャスミンなるものも、
匂いが先に来、
へ~、この白い花か
と鼻を近づけてみたり。

・仙人掌の花旭日に匂ひけり  野衾

詩は短い

 

・耳にショパン五月の花が咲いている

源氏物語とか失われた時を求めてとか、
とにかく長いものを時間かけ、
どっぷりと
その世界に浸って読むのが好きでしたし、
今も、
嫌いではないのですが、
だんだんと
長いものを読むのがつらくなってきました。
そこへいくと、
詩はなんといっても短い。
長詩たって、
高が知れています。
短いのに味が濃い。
さらっと薄味で印象深いのもあり。
それと、
短くても、
詩には発見があって、
それがあったから
詩ができたのかもしれませんが、
読むほうも、
それにふれてなんだか楽しくなります。
耳が貝殻に似ていたり、
蟻が運ぶ蝶の羽がヨットに似ていたり
することを見つけたことが
詩作を駆動させたのでしょう。

今月三日に亡くなられた詩人の長田弘さん
を追悼する拙文が神奈川新聞に掲載されました。
コチラです。

・日を継いで緑かわ脱ぐ光かな  野衾

ミズタタキ

 

・真昼より友と酒飲む五月かな

秋田の山菜料理ミズタタキが食べたいと思って、
この日記の過去ログを検索したら、
ありました。
二〇〇九年六月三〇日と
二〇一一年六月二八日。
そうか。
六月であったか。
ひとつきズレていました。
ミズタタキのミズは、
ほんとうはウワバミソウ。
大蛇が居そうなところに生えている
ことからの命名だそう。
それなら、
なぜミズかといえば、
水辺や湿地に自生することが多く、
水にちなんでミズ。
あまりに直接的な名付けではあります。
山椒を利かしたミズタタキ、
想像するだにヨダレがでてきます。
あの味、
ああ、こでらえね!

橋本照嵩『石巻かほく』紙上写真展
の十五回目が掲載されました。
コチラです。

・五月詠む集いし友の句会かな  野衾

Archives

You are currently browsing the 港町横濱よもやま日記 blog archives for 5月, 2015.

三浦衛(みうら・まもる) 春風社代表にして自慢大王&悪ノリ大王。体調のいいときは自らを天才と称し、不調の折はちりあくたにも劣るヤツとしょんぼり。

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
過去の日記
最近のコメント
三浦衛の本


『カメレオン』
 三人ときどき声にならぬ声を洩らし/とろけ とろけ 唾までとばし/クヂるとナメるとネヂるとチョす…(「鳶」) 自在に色を変え、不意に突き刺さる、軽妙なことばの戯れ。秋田方言満載の詩集。本文は金属活字による活版印刷。


『マハーヴァギナまたは巫山の夢』
 三平佐世夫は、千一夜の夢うつつで女と戯れ、印度に旅し、睾丸を抜かれ、鰐を飼い、横浜を彷徨う。言語の崖っぷちを綱渡りする、めくるめく冒険。本文活版印刷に美麗造本を施した平成の大奇書。


『父のふるさと』
 父の目に映じた故郷の風土、ひと、くらし、農事を、愛惜をこめ描きだす。本文は金属活字による活版印刷。「身と蓋函」に納める。


『出版は風まかせ』
 横浜の出版社「春風社」社長が本づくりと会社経営にまつわるエピソードを豊富におりまぜ、創業から10年を振り返る。