Archives : 9月, 2008

電話

 秋風や裏も表も吊るしダコ
「はい。もしもし」
「おいだ」
「ああ」
「元気が? 稲刈り、終わったが?」
「今日で、全部終わったよ。正紀の家のも、井内の兼人の家のも」
「疲れだべ?」
「なんも。なに、疲れるて」
「んだが。まず、ゆっくり休め。かあさんも元気が?」
「ああ、元気だ。……、なんだ、その音゛? ガーッて?」
「汽車の音゛だ。今、横゛浜駅゛のホームだがら」
「んだが」
「こっちは、雨降って、急にさびぐなったよ。秋田はどうだ?」
「天気ええよ。稲、だいぶつぶれだどごろもあるよ。おいの家は大丈夫だったども」
「んだ。まず、ゆっくり休め。へばな。まだ、電話すっから」
 秋風や潮騒刻む知多の海

48e1571d11071-080928_1139~0001.jpg

知多半島

 曼珠沙華青空新美記念館
 金曜の夜から昨日まで、知多半島を旅して来ました。
 浜辺に立ち、『潮騒』のモデルになったという神島に向かって気功をしていたら、スギライトのブレスレットがブチッと切れ、波打ち際に散らばりました。体調が優れない時に購入し、ずっと身に付けていたものです。
 なんだかスッキリした気分になり、波に浚われていく数珠だまを眺めていました。
 鉄分を多く含んで黒い九十九里の砂とちがいサラサラの白い砂に異国情緒を誘われます。
 爽籟や火星人現る!ここは地球

48e0077d17b76-080928_1035~0001.jpg

白い紙

 秋抜けし背骨の揺れの軽きかな
 このごろ、ことばについて思うことがありまして。それは、ことばの周辺、あるいは隣り、とでも言えばいいでしょうか。
 ことばにならないことがあるとか、行間を読むなどということも言われますから、ことばがすべてではないということなのでしょう。しかし、それも、ことばにするから、ことばだけではないよと気づくのかもしれません。
 白い紙が目の前にあります。これに、ペンで点を付したとします。その点をじっと見ていると、点の周辺が少し暗く見えます。点の影のようです。ことばと、ことばにならない時間と空間の関係もこれに似ているような気がします。図と地。ことばがなければただの白い紙ですが、ことばが傍にあることで、陰影をもち、独特のニュアンスがそこに醸し出されてくるように思います。

48dc10550efc5-080914_0844~0001.jpg

秋ごころ

 駆け上り何も持たずに鰯雲
 憂愁の愁。秋のこころって書くんですねー。そんなこと言ってる場合か。読まなければいけない原稿は山積み、毎日来客はある、見たい聴きたいイベントは目白押し、しなければいけないことだらけ。でも、ふと立ち止まると、虫の声が聞こえてきたり、空が妙に青かったりして、ドキリ。九月は病院に行く人が増えるんだそうです。なーんて言っているうちに十月だ。慌てずに急がなきゃ。

48dac1609830d-080914_1311~0001.jpg

横浜にぎわい座

 休日を何事もなく鰯雲
 すぐ近くにありながら行ったことがありませんでした。横浜にぎわい座。
 いいですねー。広すぎず、狭すぎず。常連のお客さんが多いせいか、始まる前から、場内あたたかい雰囲気に包まれていました。
 三遊亭楽太郎と林家木久扇(木久蔵の名前を息子に譲り、公募のなかから選び木久扇としたのだそうです)の落語は、さすがと思いました。
 「笑点」のイメージしかなく、二人のちゃんとした落語を聞くのは(それもナマで)初めてでしたから、新鮮で楽しい時を過ごしました。
 楽太郎が扇子を上手に使い、階段をトントントントントンと駆け上る音と仕草はほれぼれしましたね。隣りに座っていたオバさんが、「上手いもんだねー」と呟いていました。木久扇の田中角栄と大平正芳二人の総理の真似は至芸というしかありませんでしたね。笑わされました。
 木久扇のとき、携帯電話で話しているバカがいて、木久扇師匠、どうするかとドキドキしながら見ていたら、噺を止め、ニコニコしながら、「冷蔵庫にちゃんと入れておかないといけませんよ」とそのヤクザまがいの男に声をかけました。場内からドッと笑い。バカ男が電話で話すくだらない内容を漏れ聞いての「冷蔵庫〜」だったのでしょう。それでも男は止めません。
 師匠、ニコニコ顔をそのままに、電話が終わるのをじっと待ち、「終わりましたか。よござんすか。えーーー。どこまで話しましたっけね」(ここでまた場内からドッと笑い)と、何事もなかったかのように、噺を続けました。この辺のやり取りも、ほかの客が不愉快にならないように実に見事な対応だと感心しました。
 携帯電話のバカ男は、これも何事もなかったかのように、最後まで木久扇の落語を聞き、拍手を送り帰っていきました。

48d972312bcd8-080914_1412~0001.jpg
Archives

You are currently browsing the 港町横濱よもやま日記 blog archives for 9月, 2008.

三浦衛(みうら・まもる) 春風社代表にして自慢大王&悪ノリ大王。体調のいいときは自らを天才と称し、不調の折はちりあくたにも劣るヤツとしょんぼり。

2008年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
過去の日記
最近のコメント
三浦衛の本


『カメレオン』
 三人ときどき声にならぬ声を洩らし/とろけ とろけ 唾までとばし/クヂるとナメるとネヂるとチョす…(「鳶」) 自在に色を変え、不意に突き刺さる、軽妙なことばの戯れ。秋田方言満載の詩集。本文は金属活字による活版印刷。


『マハーヴァギナまたは巫山の夢』
 三平佐世夫は、千一夜の夢うつつで女と戯れ、印度に旅し、睾丸を抜かれ、鰐を飼い、横浜を彷徨う。言語の崖っぷちを綱渡りする、めくるめく冒険。本文活版印刷に美麗造本を施した平成の大奇書。


『父のふるさと』
 父の目に映じた故郷の風土、ひと、くらし、農事を、愛惜をこめ描きだす。本文は金属活字による活版印刷。「身と蓋函」に納める。


『出版は風まかせ』
 横浜の出版社「春風社」社長が本づくりと会社経営にまつわるエピソードを豊富におりまぜ、創業から10年を振り返る。